憧れの公認会計士というお仕事と資格取得の両立について考えてみた

公認会計士になるためには、資格試験や実務期間というものが必要になってきます。そのために、現在職についているという方はそれを辞めて勉学に集中するという方も多いようです。しかしながら、そればかりではなく「仕事を持ちながら資格取得を目指す」という方もまたいらっしゃるのです。

では、どのような点が魅力であり壁となるものなのでしょうか。

■生活面のフォローをしながら夢に迎える
仕事を持っているという事は収入面が安定しやすいという環境が用意されることでしょう。このことから、生活面などにおいても不安無く勉学を進めていただけるということになります。実際に公認会計士になるには、それなりの費用もまた必要となってきますから、大きな魅力ともいえるのではないでしょうか。

■仕事にあわせた対策が行える
今では通信制の学校や夜間学校など、社会人に向けた公認会計士になるためのシステムサービスというものが多く提供されるようになりました。ですから、現在の仕事にあせて資格取得を目指していただけるという事になります。

■スケジュールはタイトになる
仕事と勉強の両立をしなくてはならないという点から、スケジュール的には非常にタイトになりやすいという傾向もまた考えられます。継続的に進めることが公認会計士になるための基本的なものですから、先のような状況を長く続けることが出来るか否かという事を考える必要があるかとも思います。

■熟考することが大切
どのようなスタイルを持って公認会計士になるかということについては、それぞれの環境や状況があることでしょう。しっかりと熟考して進めていただくことをおすすめしたいと思います。ライフスタイルに合わせたベストな選択肢を見きわめるようにしましょう。

憧れの公認会計士というお仕事と資格取得の両立について考えてみた

◆仕事を辞めて公認会計士になること
公認会計士になりたいという方々の中には、すでに社会に出てお勤めをされているという方もいらっしゃるでしょう。その際に悩むところといえばやはり、現在の職を辞めて資格取得を目指すか否かと思います。そこで、今回は「仕事を辞めて資格取得に集中をすること」のメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。

外部資料→公認会計士 東京CPA会計学院 https://cpa-net.jp/

■勉学に集中できること
公認会計士の資格試験・資格取得のみに道を絞ることによって、勉学に集中できるというのが第一のメリットといえるのではないでしょうか。難関ともいえる資格試験ですから、ある程度の集中力や対策時間は確保していただく必要も出てきますので1つに道を絞るというのは効率的な方法ともいえるでしょう。

■学校の選択肢が広がりやすい
資格取得に向けて学校に通うという方も多いでしょう。その際、全日制の学校などにも選択肢を広めることが出来ますので、より自分自身にあったスタイルを確立しやすいという事がいえるかと思います。

■生活面の不安
学費から生活費においてまで、仕事を辞めるということは収入源が減ってしまうことですので不安や苦労を伴ってしまうというケースもあるかもしれません。ある程度の預貯金を確保する・バイトをするなどという経済的な部分を充分に考慮する必要性があるともいえるでしょう。

■周囲の理解
自分自身の問題ばかりではなく、周囲への理解を求めなくてはならないという事も背景にあることでしょう。特に、家族をお持ちの方などはこのような点が大きな壁となりうる可能性もあるのです。

■メリット・デメリットを考えて
公認会計士になりたいという志ばかりではなく、先のような選択をする際にはメリットとデメリットの双方を考えて決断するようにしましょう。